2013年7月アーカイブ

一人暮らしを同棲で脱却

さーて、最期の一人暮らしするか。え?縁起でもねー?ノンノン、最後と言うのはねぇ。結婚するから卒業っつー意味。ようやく実りし恋。

同居始める事になり、相手の家で住む。嬉しい最高だ。当然初の経験。で、問題は今まで一人暮らしゆえ、気にせず貯めてきた、ヲタクグッズ。此奴らをどう処分するかだ。

うーん...正直、困った。特に同人誌。何万冊もあるぞ。どうゆう物か?素人が作ったファンブック。

それゆえ、プレミアがつく物は少なく、販売価格の高額に反し、買取りは安い、ほぼ100円以下。ま...金のなれば良い方。大概買取り拒否、取扱無く。

とかさておき、ヲタクな一人暮らしは卒業が大変。引っ越しや、処分も苦労と、脱却の機会!何とか処分せねば...けど、捨てられぬ!勿体無い。

ただ、一人暮らしを止める以上は、くっ、如何せん。そうだ、友達へ売りつけよう。下種な案とは思えど、相談。まぁ体よく断られる。

だよなぁ...物好きもおらぬか。糞!捨てよう。全部燃えるごみへ出す...吐きそう。辛い。

ライバル意識が高かった

外見で順位を付けられるって、どんな気持ちになるんだろう?しかも、最下位だったら...。保田圭が「モーニング娘。」で、ブスキャラだった事は周知の事実。

けど実際、どれだけ虐げられてたのかを今日、テレビで初めて知った。

トークが下手だった為、マネージャーから「二度と喋るな」と言われたり、他メンバーのポスター撮影場所は、ハワイやグアムなのに、麻布十番だったり...。

元々ソロを目指してた娘達の寄せ集めだった為、ライバル意識が高かったグループ。自分の居場所の無さに、悩んでたそう。

自分のポジション取りを悩み、最終的には自身で「ヲチ要員」と位置づけし、これが見事成功。

コンサートで投げキッスをすると、ファンが「オェー」と返すのが定番だったらしい。芸能界で生き残る為、事務所の力や運もあるけど、ハートが強くないと無理。

人気無いアイドルであり続けた彼女は、本当凄いと思う。